ちょっとずつ、春の足音が聞こえ始めました~♪  
あいかわらず、今日も元気なさくらんぼもちこだもっち(*^^)v

えー、3月は卒園・卒業のシーズンでもあるし、年度末でなにかとお忙しい方も多いと思いますが、
もちこの会社「共親製菓(きょうしんせいか)」は、一足お先に“新年度”を迎えました\(^o^)/

というわけで、先日、名古屋逓信会館にて行われた【平成29年度(第67期)方針発表会】の様子を、私、もちこがレポートしてみたいと思いまーす(^O^)/



第一部は、社長による今期の方針発表からスタート! この日のために、ちょっぴりおめかしをした社長の姿を、あえて「横」から撮ってみました。別に深い意味はありませんが・・・(笑)。



じつは、創業70周年となる今年の共親製菓には、いくつかの新たなチャレンジが待っています。
ひとつは「新製品」の登場です\(^o^)/ まだ詳しいことは言えませんが、春と秋にそれぞれ新製品が出る予定なので、今から楽しみにしてくださいねっ!

また、新しい機械の導入も予定されていて、生産性が向上すると同時に、衛生面や品質面の改善も見込めると、社長の鼻息もだんだん荒くなってきたようです(笑)。

社長 「生産性を上げるには、機械でできることと、人間にしかできないことがあります。機械は自分では成長できないし、基本的には能力の最大値は決まっています。対して、人間は自分次第で成長する力を持っています。現場や環境、仕事をより良くするのは、機械や他人ではなく自分自身です。機械を最大限に活かすのも自分自身なんです!」

よっ! さすが社長、いいこと言いますねぇ(#^^#)

社長いわく「目標とは“目的”に向かう過程にあるもの」だそうで、売上げなどの目標の先にある私たちの目的は【愛される共親の菓子を作り続けること】だと、みんなで再確認しました。

子供たちが(もちろん大人たちも)安心して食べられるおいしいお菓子、食べて楽しいお菓子を作り続けるには、衛生管理のレベルを上げて、より安心・安全な商品を作ること。見た目や食感・味といった製品の“質”にこだわり、楽しい・おいしいお菓子を作り続けること!

以前、このブログでもお伝えしましたが、そのために、より安全な食品製造管理の方法である「HACCP(ハサップ)」の取得にもチャレンジしてきました。おかげさまで、まもなく「袋入さくらんぼ餅類」で「HACCP工場」としての認定を受けられる予定です(*^^)v

おっと、社長の熱意につられて、うっかりレポートが長くなってしまいました。
この先はまた次回へ・・・<<つづく>>


シェアする